So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

壁を拭きました (^-^;

ちゃくまさんのブログの中で、壁を拭いていると書かれていました。

で、本当に気になって、真似て拭いてみました。

我が家の壁は真っ白で、夫が自転車で汚した以外の汚れは目立ちません。

確かに床は毎日、ドライやウェットのフローリングモップや、拭き掃除をします。

毎日、毎日、拭いても汚れています。

人がいるということだけで汚れます。

このかたのブログを読んだ時、目からウロコでした。




IMG_1479.JPG

早速、リビングの白い壁を拭きました。

左が新品のシート、右が壁を拭いたシートです。

ワ〜ォ〜、汚れてい流ものですね〜

入居の時壁紙を張り替えてあったと思いますので、3年分の汚れです。


大人3人でタバコも吸わないから、と思っていましたが、結構汚れているものです。

このブロガーさん、少し前までは天井も掃除していたとか。

昔の家では母などは、箒の先に手ぬぐいなどを被せて吹いていました。

私も、気が向いたら、次は天井の掃除をしてみましょう。




nice!(16)  コメント(14) 

排水管清掃とアライグマ夫


IMG_1462.JPG

IMG_1468.JPG

キッチンのシンクの下。

使っていないビルトインの浄水器。

IMG_1469.JPG

洗面器の下。

築20年になるマンションは、古い形式のシャンプー台は配線が出ています。


午前6時、3時過ぎの就寝前に身支度を整える夫が水浸しにした洗面所の

鏡・洗面台・床を拭きあげて、準備万端 take1です。


9時前に、娘がやって来て、

ニャッと笑って「おと〜さん、洗面所で水浴びだよww」

バシャバシャと豪快に顔を洗い身繕いをしていました。

夫は前かがみが出来なくて、高い位置で水を使いますから、周りに飛び散ります。

鏡、洗面台、床を拭きあげて、準備万端 take2です。


9時半前、また娘がやって来て「おと〜さん、また、水浸しのようよ」

洗面所に行ってみると、ヤハリ水浸しになっていました。

また、鏡、洗面台、床を拭きあげ、準備万端take3です。


作業をする人に、気持ちよく、ササッと終えて欲しいので、我が家では整えて待ち構えます。



IMG_1472.JPG

11時少し前、業者さん作業開始です。

10分弱で終了しました。


IMG_1473.JPG

入居した日から洗面器の排水の流れが悪かった原因が分かりました。

犯人は歯間ブラシが出てきました。

我が家で購入したことのない製品でした。



IMG_1477.JPG

我が家の歯間ブラシはこちらです。


にほんブログ村 ミニマリスト

駅名はkiki (о´∀`о)


IMG_1454.JPG by web

夏の名残のニュースの中で、映し出された駅名標。

JR四国牟岐線(ムギ)には時刻表の本に掲載されない駅があるそうです。

夏の7月15日〜8月6日(2017年)まで『田井ノ浜海水浴場』の為に営業されていた駅だそうです。


この駅名標が映し出された時に「おぅ〜」隣の駅はKiki、早速、検索します。




IMG_1457.PNG by web




IMG_1455.PNG by web



IMG_1456.PNGby web

きき Kiki 木岐 小さな駅です。

『駅の周辺は漁業を中心とした集落で、木岐川河口の狭い平地に民家が集まっている』(Wikipedia)

私に似つかわしい、小さくてシンプルな駅です。

嬉しいのは、普段視聴しているニュース番組ではなくて、偶然に出会えたので嬉しかったです。

魔女の宅急便に登場するkikiには慣れてしまったけど、突発的に現れた木岐駅には驚きました。


知らない土地の小さな駅に愛着が湧きそうです。






nice!(19)  コメント(16) 

オバケ屋敷、5歳の息子の記憶

IMG_1341.PNGby web

息子に、

「オバケ屋敷から数秒で出て来たときのこと覚えてる?」って聞いてみました。

「数秒は言い過ぎだよ。10秒は経ってたね〜」

娘は細かいことは覚えていませんでしたが、

息子はオバケ屋敷の入り口を入って右に折れた所で、

オバケに触られ、その手が目にアタリ、怖くて、痛くてギャ〜っと、飛び出したのを覚えていました。

オバケの手が目に当たって痛かったことは、初めて聞きました。

色々なことを細かく覚えているのに、

「何故、お化け屋敷に行くことになったのかは覚えていないよ」と不思議がっていました。

遠い日の記憶なんて、そんなものです。



nice!(25)  コメント(16) 

炭酸水の補充です

IMG_1441.JPG

ここ数年お気に入りの炭酸水、ほのかなグレープフルーツ味です。

炭酸水ですが常温で、時々冷やして飲みます。

IMG_1440.JPG

今のクロゼットの一等地に鎮座しています。



nice!(19)  コメント(14) 

膨らんだ娘が帰ってきます (`_´)ゞ


IMG_1438.PNG

お盆は、私の帰省の前日に夫が急病になり、娘が1人で私の実家に行きました。

娘は孫の中で唯一、女子です。

母の中では、いつまでも幼いままのようです。

母は手ぐすね引いて待っていたようでワガママ放題のようです。

基本的に、母が希望することは叶えてやるというのが私と娘の考えです。

私は娘に何かを要求することはありませんが、母の要求は次から次へと出てきます。

キリがないです。

私が帰省しても同じですが、孫に対しての当たりはもう少しキツイようです。

食べきれないほどの食料で強制食事が基本です(笑)

ズルズルと深みにはまっている様子が手に取るように分かります ƪ(˘⌣˘)ʃ

私は自分が、食べられる分しか食べませんが、娘は祖母のために無理しても食べようとします。

何時ものことながら、生活すべて、指示・支配されているようです。

時間があればトランプゲームの対戦は母が気の済むまでやります。

91歳ですが、数の数え方やスピード、体力は驚異的なものがあります。

大笑いの連続で、頭の回転はよく、衰えを感じさせません。

我が家で、最後まで生き残るのは母だと思っているくらいです。


至難を乗り越えた娘が、膨らんで帰ってくると思います(−_−;)

帰宅したら『プチ断食をする・・・したい・・・多分』と必死のメール(笑)

昨夜、新幹線の時間を確認すると、48分だと言ってました(?)

今朝になって16分だったと報告があり、到着時間が48分だったと言ってました。

「乗り遅れるところだった〜」元気な声、でも帰ってくると寝込むなぁ〜



nice!(21)  コメント(22) 

終戦の頃の母

IMG_1329.PNG


母は娘時代、台湾で呑気な楽しい暮らしをしていたようです。

未だに戦争とは無縁だった思い出を語ります。

台湾から帰りたくなくて『リュウマチ性紫斑病』という病気に罹って動けなくなって、

寝たきりの生活をしていたようです。

今の母からは信じられません。

引き上げてからの、日本での生活がとても辛かったそうですが、

仕方ないと思っているうちに自然に治っていたそうです。


有名な女優が著書の中で『大人の言うことを聞いて防空壕に入った人は皆亡くなった。

死ぬときに防空壕は嫌だからと木に登っていたら助かった』と書かれていました。
戦争は幼い子供の命までも奪っていきました。

戦争はいけません。

今の生活は犠牲になられた方々の上に成り立っていることを忘れないようにしたいです。







nice!(21)  コメント(14) 

極薄高密度織の透けてる傘!

IMG_1430.JPG

7月7日に購入した100gの軽量傘(税込5990円)晴雨兼用なので、昼間に使ってビックリしました。

IMG_1425.JPG

IMG_1426.JPG

IMG_1427.JPG

IMG_1428.JPG

晴天の時に傘を見上げると、

買ったばかりなのに、何十年も使い古したかのような白い線、透けそうな線です。

新しい気がしないので、問い合わせて、送り返えして、確認をしてもらいました。

『商品の、極薄高密度織の生地の特性により折りジワ部が透けたように見える場合があります』

『品質担当者数名で拝見いたしました。

結論といたしましては折線が白く見えるのは生地の特性で他に大きな不具合は見受けられませんでした』

ということで、返品も承りますよとありました。

その時点で数回使用していたので、そのまま、買い取りました。

カタログにはスケスケ状態の写真と記事は掲載されていないので(商品の説明書には書いてあるらしいww)

納得して買い取ったとはいえ、傘を見上げるたびに、未だモヤモヤしています。

今にも破れてきそうな薄い感じです。

腫れ物に触る感じです。



他社の100g傘(3000円位)を店頭で広げてみましたが、

生地の違いからなのか、擦れて白くみえるところなど一つもありませんでした。



nice!(18)  コメント(18) 

お盆ですから、お化け屋敷

IMG_1341.PNGby web

子供達が5、6歳の頃、

デパートで開催されていたお化け屋敷に連れて行ったことがありました。

我が夫婦、自慢ではないけど自分達の辞書に『お化け屋敷』はありません(笑)

子供であっても連れて行こうなどと、夢にも思いません。

しかし、子供達はどうしてもオバケを見たいらしいのです。

で、親は入らなくても「大丈夫」と2人して自信ありげでした。

子供2枚のチケットを買って入場しました。

ものの数秒後「ぎゃ〜っ、おか〜さま〜」と、2人が泣き喚いて走り出て来ました (๑・̑◡・̑๑)

入り口の数人の係員が笑って見ていました。

我が夫婦も、子供のあまりの形相に思わず笑ってしまいました。

あれから、2度とお化け屋敷に行きたいとは言わなくなりました。

で、娘にそれとなく聞いてみると、

泣いて出たことは覚えてないけれど、怖かった感覚だけは覚えているようです。

係員が皆で笑っていたことを教えると

「思う壺だね〜、いい客だ」と笑いました。



にほんブログ村 ミニマリスト

nice!(22)  コメント(12) 

UVスプレーがあったなんて

IMG_1402.JPG

IMG_1403.JPG

接触性皮膚炎になってから、7年過ぎました。

日焼け止めクリームなどがつけられないので、何年も前から気になっていたものがありました。

帽子に使える布用のUVスプレーが欲しいなって思っていました。

頭っから無いと決めつけていました(笑)

検索すらしていませんでした。

ヤット検索してみて有ることに気づきました。

評判の良いものは3900円くらい、これは900円位?

ある方のブログでは第3位の商品でした。

兎に角初めて現物を見つけたので買ってきました。

帰宅して、カーテンと帽子2個にスプレーを2度しました。

日傘に加えて帽子も使えるようになった?でしょうか (๑˃̵ᴗ˂̵)


にほんブログ村 ミニマリスト

nice!(21)  コメント(10) 
前の10件 | -