So-net無料ブログ作成

エプロンの代わりはコレでOKです。

私はエプロンを着ける習慣がありません(夫はエプロン派です)
着ているTシャツなどは毎日洗濯をするわけですから、特別に防御する必要がないからです。

外出着でもエプロンはしません。
その時はタオルを巻きます。



image.jpeg

タオルのベルト(商品名を忘れましたww)を腰から回して、
タオルを金属部分の穴に引っ掛けて、簡易エプロンの出来上がりです。
1年に1度も使用しませんが、あると便利です。
購入して10年?位になるのに、新品同様です。



IMG_3694.JPG

赤い部分はゴムになっています。
このベルトとタオルを合わせれば、ウエストが115cmの人でも大丈夫です。




マスキングテープを使いきりです。

image.jpeg

1年以上使っていましたね〜



image.jpeg

キッチンの戸棚の位置を書いたり、チョットしたことをメモして貼ったりしていました。



image.jpeg

本日マスキングテープとカッターを買いました(約860円・500円位かと思っていましたww)



image.jpeg

カッターの部品です。


image.jpeg

テープをセットします。

image.jpeg

蓋をします。



image.jpeg

蓋の蓋をします(笑)
丁寧すぎて笑ってしまいました(高いはずww)

完成です。










早朝歩き。

image.jpeg
by web

早朝に歩いてきました。

4、5年前にギックリ腰に罹った時に、体重が4kg増えました。
ギックリ腰の時は動いて治すほうですが、普段よりも運動量が少なかったのでしょう。

体重を減らすには歩くのが一番だと思っていますので、歩きました。
元の体重になるまで、早朝と夕食後30分づつ歩きました。
数ヶ月経って気づくと、体重は8kg、体脂肪率が9%減っていました。

その後は、だいたいはキープしています。
今回は体脂肪率が4%増えて、半年近く落ちませんから、日中の散歩に加えて、早朝の歩きを取り入れました。

春に父の葬儀、四十九日、納骨、初盆と頂き物の菓子類が沢山で、つい手がでていました。
それに、今年の夏はアイスが美味しくて、例年以上に食べました。

その頃から、体重の変化はありませんが体脂肪率は増えたのでした。
それに秋は食べ物が美味しいです。

チョット頑張ろうかしら。





ガトーフェスタ・ハラダの冷凍ケーキ

夫の愚行?によって、娘は意気消沈して、群馬のフェスに出かけて行きました。

私宛に群馬の名店ガトーフェスタ・ハラダの冷凍ケーキが送られてきました(笑)




image.jpeg

ハラダのケーキ(タルトシトロンとフレッシュバターケーキ)は初めてです。
3〜5時間解凍して頂きました。
今は生クリームのケーキが主流ですが、昔はバターケーキばかりで、懐かしい気持ちでいっぱいになりました。





image.jpeg

ラスクは娘と一緒に届きました。

楽しい旅だったようで、機嫌は直っていました (^_^)v
ひと安心です。






夫を疑う

image.jpeg
こういう病気があります。
ソロソロ、疑ってみたくなる様なことが、あります。

娘が旅先で買ってきてくれたお土産で2度も彼女を怒らせています。

1度目、明石のタコを使った『タコ飯』の素。
炊飯する時に具材を入れるだけのことなのに、夫はホタテを沢山入れて何ご飯か分からなくしました。

本人は、ひと手間かけたかったのでしょうが、それだけで完結している食べ物を何だかなぁ?
娘は呆れて、食事の後、黙って部屋に戻りました。
これが5月のこと。

そして先週の木曜日、土産の『ご当地ラーメン』のタレを無視して、
エビとホタテが入った塩味の海鮮スープを作っているのでした(驚)

夫は、何かひと工夫してやりたいのでしょうが、何だかなぁ?
どう考えたら良いのでしょう。

娘は、下を向いて黙ってラーメンをすすり、静かに部屋に戻りました。
で、次の日の早朝、娘は私とも口もきかないで、群馬のフェスに出かけて行きました。





『家電高く売れるドットコム』で、査定から買取されるまで実況中継します。

image.jpeg

21日 (水曜日)の夕方、初めて訪問したブログの投稿記事に使用しない空気清浄機を
『家電高く売れるドットコム』というところで買い取って貰ったという記事を見つけました。

我が家にも6年前のダイキンの空気清浄器があります。
当時、孫娘を預かることがあったので、赤ん坊だった彼女の為に購入しましたが、
3年くらい前からは年に数回しか使用しなくなっていました。

軽い気持ちで、サイトを訪問してみると
『買取価格を調べる』という箇所があって、試しにと思って入力しました。

夜8時頃、サイトの担当者から電話があり(驚・まっまさかの声)型式の査定では7000円、
後は現物を見て買取価格が決まるようです(使っていないけど、売る確固たる気持ちはないまま)

担当者からは身分証明書のコピーに以下を記入して封筒に入れること。
『名前・職業・生年月日・電話番号・振込口座・査定をメールで希望すること・利用規約に同意する・サイン』
無料で宅配業者が梱包などをしてくれるので封筒も一緒に入れてもらうことなどを言われました。
23日(金曜日)の午前中(11:45)に発送しました。

メールでの査定結果が届くはずでした(もう、忘れていましたがww)
7000円のはずでした。
が、25日(日曜日)の16時、担当者から電話があり、
リコール対象商品となっているため買取が出来ないと言われました(悲)
ダイキンさんよ〜、やってくれましたね〜発火する可能性があるって?
修理をしていれば買取はOKらしいけれども、面倒なので、そのまま処分して貰うことになりました。

『取らぬ狸の皮算用』でしたが、処分に手出しがなくて良しとしましょうか。
予想だにしないオチでした。






暑〜い。

image.png
by web

29度ですって!
今日は暑くなると自覚していたはずなのに、何なの私は。
「おバカさん、おバカさん」と念仏のように唱えながら帰路につきました(笑)

11時頃、暑さを感じなかったので散歩に出掛けました。
30分歩くと暑さが押し寄せてきました。

丁度良い場所にイートイン出来るパン屋さん、
初めてのパン屋の1番のオススメは『ハートのクリームパン160円』でした。
手づくりのカスタードクリームがギッシリ入ったパンでした。

私の住んでいる所は台地になっている坂の町です。
『筋』(御堂筋の様な)と言われている大通りは緩やかな坂道でキツくはありませんが、
筋と筋の間の道は昔のままの道なりなのでしょう、登って下っての、繰り返しです。
直線にすると、1km弱が果てしなく続く様に感じるのです。

歩行数6000歩、距離3.2km、老人は早目の判断が生死を分けます (^_^)v
シャワーを浴びて、2度目の洗濯をして、夕食の準備をしたら、
お昼寝、お昼寝(笑)『寝る子は育つ』って、老化が進むってことかい(笑)





今日の処分。

昨日は25度くらい、寒いくらいでした。
今日は27度ですが、肌寒いです。
又、暑さは帰ってくるかもしれませんが、ソロソロ夏の衣類を処分しましょう。
勿論ウエスにします。



image.jpeg

夏の家での服装です。



image.jpeg

2年前に娘が買ってくれたトップスの2枚を処分します。
夏の間ご苦労様でした。

写真のボトムスは寒くなるまで活躍させます。
テレテレして、良いはき心地です。

カシミア意外は、殆どがハンガーに掛けて目の前にあります。
衣類の入れ替えはしません。




またまた鍵です。


image.jpeg

左が家用、右のフサ付きがマンションの入り口用です。
フサ付きが取り出しやすくて便利です。



image.jpeg

財布の小銭入れに収納していた鍵ですが、バックを小さなものに代えたので、財布が使えません。
で、小銭入れがなくなり、鍵をクリアケースに収納することにしました。
これが、まことに快適です。

もう少し小さい方が良いのですが、サイズがありません。
希望のサイズを見つけましたが、商品のケースなので、中身はいりません。
なので、チョット我慢しています。
このイージーなチャック付きを探していました。



image.jpeg

鍵の厚さしかありません。
薄いっす( ̄^ ̄)ゞ
小さなバックの中でも場所をとりません。
なのに、存在がハッキリしています。

当たり前田のクリアケースですから(笑)





屋台村に行ってきました。

image.jpeg


image.jpeg

娘から誘われて、曇り空を見ながら大阪城で行われている、屋台村に行ってきました。
60店くらいあるようです。
変わった餃子を食べました。
餃子店は私たちが並んでから、人が増えだして3重の列となり大繁盛のようでした。
品物が追いついていませんでした。

『三つ子の魂百まで』とは、よく言ったものです。
幼い頃の親から言われたことは未だに身についているようです(笑)

幼い頃から屋台とか駄菓子屋さんや紙芝居などの飲食を禁じられていました。
ですから、そういった場所に行ったことがほとんどありません。

『博多どんたく』ですら、52歳の時に一度行ったきりです。
それでも52歳を過ぎてからは、東北の祭りに魅了されて、東北各地のお祭りを見に行きました。
一年に一度、夏祭りに弾ける東北の人達が魅力的でした。
大人になって行った祭りでさえ、食べ物を食べた経験がありません(^_^;)

で、66歳の屋台デビューを期待したにも関わらず、正味30分くらいで会場を後にしました。
人が多いところは面白いのですが、苦手です。
遊び方を知らなくて、何か損をしているかもしれませんが、こんなものです(笑)
喧騒から抜け出して、向かった近くのスタバは閑散としていて、ノンビリとお茶の時間を楽しみました。