So-net無料ブログ作成

宅配の送料無料サービスを考えてみました。

IMG_0729.PNG

Amazonのプレミアムに入っていると、ほとんどのモノは送料無料のサービスになっています。
また、一定額以上の買い物で送料無料というものもあります。
便利で有難いサービスだと思っています。

先日、100幾らかの小さな商品代に1500円以上の送料が掛かっていました。
送料って、こんなに高いものなのだと改めて確認しました。
勿論、購入は控えました(笑)

TV番組で(宅配の潜入体験をしたジャーナリストによると)宅配業界が崩壊寸前で、
解決には2つの方法があると言っていました。

1つ目は送料無料を廃止すること。
2つ目は再配達を有料化すること。

1つ目の送料無料廃止は少し分かります。
宅配全体の50%がネット通販によるものだそうです。
配達員に還元されるのであれば、送料有料化は仕方ないのかと思います。
が、会社だけが潤うシステムだと反対です。

2つ目について、再配達は配達分の20%もあるそうです。
再配達の有料化は分からないわけではありません。

私の母は、91歳で一人暮らしですが、母にモノを送る時は前もって知らせておきます。
母は荷物を受け取るために待っているわけですが、
(小さな家で)玄関の呼び鈴が鳴って慌てて出ても、配達員はいないことが多いそうです。

私も荷物が届く日に、在宅していたにも関わらず、不在票が入っていたことを何度か経験しています。
再配達を有料化にするのであれば、何らかの対策を考えて欲しいと思います。

ネットでの買い物は老若男女問わず、非常に快適です。
が、宅配という仕事を持っている人だけが、このしわ寄せを受けることはないと思っています。
ということは宅配を極力利用しないこと!が解決策でしょうか。
買い物の仕方を考え直してみる良い機会だと思いました。